ホーム > 品質管理 > ボツリヌス菌・食中毒

品質管理

株式会社 見方は、商品の品質管理に対し万全の対策をこうじるとともに、食品衛生に関する情報も提供しています。
食中毒菌ポケットブック
ボツリヌス菌・食中毒 品質管理トップへ戻る
危険度 横綱クラス、地球最強の毒素を持つ
かたち・特徴
嫌気性、グラム陽性芽胞形成桿菌。
べん毛は周毛性で運動性活発。長さは4〜6u、幅0.8〜1.0u、両端純円形。芽胞は両端に偏在。毒素(トキシン)はA、B。C、D、E、F、Gの7型。
最強の菌
原因食品
びん詰、缶詰(肉加工品、魚介類、野菜類)
(各国の代表原因食品)
日本:水産食品、とくに”いずし”
ロシア:自家製魚類加工品、自家製塩づけハム
アメリカ・カナダ:自家製缶詰野菜、果実類、魚介類
フランス:畜肉製品、野菜つけ物
イギリス、ベルギー:各種肉製品、野菜つけ物
スカンジナビア諸国:肉製品と魚の塩づけ、酢づけ
症状
潜伏期は約12〜24時間、筋肉マヒ、複視、眼球運動障害、嚥下(えんげ)困難、呼吸困難、発声困難。発病後4〜8日で死亡するものが多い。毒素により神経系統がやられ、いろいろのマヒ症発生。
ボツリヌス菌は青酸カリの30万倍の毒性があるといわれる
予防の鉄則
(1) 熟成終了の”いずし”に酪酸臭を感じたら
食用禁止。
(2) 土壌由来の食品素材の徹底洗浄。
(3) 疑わしいものはアッサリ廃棄処分する。
(4) 摂食直前の加熱処理(毒素を壊す)。
アドバイス 本菌の芽胞は120℃20分で死滅可能、毒素は80℃で30分、100℃10分で無毒化されます。
ページの上部へ移動
品質管理トップへ戻る
食中毒菌 Pocket Book イメージ(株)見方 細菌検査室から
食品衛生に関するお知らせ

早わかり食中毒菌ポケットブック
ここでは、食中毒の代表的な菌を10種類ほど紹介し、皆様の衛生対策実施へのお役に立てばと思い掲載いたしました。調理する一人一人が常に衛生に対し気を配り、安全なものを作る時代となってきた今日。食中毒をおこさない事前の対策にお役立てください。
ノロウィルス・食中毒について
腸管出血性大腸菌O157:H7について
セレウス菌・食中毒について
NAG(ナグ)ビブリオ・食中毒について
毒素原性大腸菌・食中毒について
病原大腸菌・食中毒について
ボツリヌス菌・食中毒について
ウェルシュ菌・食中毒について
病原性ブドウ球菌・食中毒について
サルモネラ・食中毒について
腸炎ビブリオ・食中毒について
ページ上部へ移動[↑]