ホーム > 品質管理 > 毒素原性大腸菌・食中毒

品質管理

株式会社 見方は、商品の品質管理に対し万全の対策をこうじるとともに、食品衛生に関する情報も提供しています。
食中毒菌ポケットブック
毒素原性大腸菌・食中毒 品質管理トップへ戻る
危険度 東南アジアなどへの旅行者下痢症と綿密に関係する
かたち・特徴
形や一般的特性は大腸菌と変わらない。運動性活発。本菌には熱に弱い毒素(LT)と熱に強い毒素(ST)を産出する菌株(100℃、30分に耐える)があります。
コレラエンテロトキシンに似た毒素を出す厄介な菌!!
原因食品
この菌による”集団下痢”の原因調査では不明(わからない)の場合が多く、次いで井戸水、弁当などから確認されています。
本菌による集団下痢例(東京都調査1969〜1976)
症状
コレラ様下痢を症状とする急性腸炎
〈主要症状例〉( )は%
下痢(97.2) 腹痛(51.8) 全身のだるさ(21.3)
吐き気(15.6) 発熱(10.6) 頭痛(8.5)
東南アジア。メキシコなどの海外旅行者の下痢原因菌としてかなりな高率で発見されています。
予防の鉄則
(1) 生水、特に消毒などの信用できない井戸水をのまない。
(2) 熱帯、亜熱帯地方への旅行中の生水、生物の飲食は用心。
(3) 暴飲、暴食、寝冷えをしない。
アドバイス 飢えている時代とは違う。口に入れるものに多少神経質になってもよいのではないか!!
ページの上部へ移動
品質管理トップへ戻る
食中毒菌 Pocket Book イメージ(株)見方 細菌検査室から
食品衛生に関するお知らせ

早わかり食中毒菌ポケットブック
ここでは、食中毒の代表的な菌を10種類ほど紹介し、皆様の衛生対策実施へのお役に立てばと思い掲載いたしました。調理する一人一人が常に衛生に対し気を配り、安全なものを作る時代となってきた今日。食中毒をおこさない事前の対策にお役立てください。
ノロウィルス・食中毒について
腸管出血性大腸菌O157:H7について
セレウス菌・食中毒について
NAG(ナグ)ビブリオ・食中毒について
毒素原性大腸菌・食中毒について
病原大腸菌・食中毒について
ボツリヌス菌・食中毒について
ウェルシュ菌・食中毒について
病原性ブドウ球菌・食中毒について
サルモネラ・食中毒について
腸炎ビブリオ・食中毒について
ページ上部へ移動[↑]